ガラスに関わる制度について

ガラスに関わる制度について

CPマーク認定制度に関して

CPマークとは?

CPマーク平成16年、官民合同会議では「 防犯性能の高い建物部品 」の普及を促進する為、「 共通呼称 ( 防犯建物部品 ) 」と「 共通標章 ( CPマーク ) 」を制定しました。
試験の結果に基づき、侵入までに5分以上の時間を要するなど一定の防犯性能があると評価した
「 防犯性能の高い建物部品目録 」に掲載・公表された建物部品は、「CPマーク」の使用が認められています。

CPマークの意味

「防犯」Crime Preventionの頭文字CPを図案化したもの。
住宅性能表示の「防犯」項目では、CPマークの付いた商品が義務付けられています。

窓ガラスとCPマーク

CPマークの付いたガラスは、各都道府県が定める防犯対策にも有効です。

  • 【例:防犯優良マンション】
    東京都では、 防犯対策がなされているマンションを認定する為、共有出入り口(玄関等)、管理人室の開口部・窓、住宅の窓等、CPマークの付いた防犯性能の高い窓ガラスの利用を推奨しています。

(財)東京防犯協会連合会ホームページへ

ガラスについての試験項目

  1. 「ガラスの防犯性能の試験に関する細則」に定める試験項目のうち打ち破りについて8回以上、こじ破り 及び焼き破りについて5分以上の抵抗性能を示した商品。
  2. 以下の商品と中間膜の素材・厚さが同等以上、かつガラスの合計の厚さがそれ以上であるものも防犯性能の 高い建物部品に該当する。
  3. 以下の商品を少なくとも片側に使った複層ガラス、真空ガラス等複合機能商品は、防犯性能の高い建物部品に該当する。

付帯条件

  1. 窓サッシには、サブロック付クレセントと補助錠を合計2箇所以上に取り付けてあり、かつ施錠されていること。
  2. 施工・使用に関する条件については、板硝子協会が規定・推奨する基準によること。

凡例

■FL3+PVB30+FL3
30ミルのポリビニルブチラールを3ミリ厚のフロートガラスで挟み込んだ合わせガラス

■FL3+PVB30+FL3+空気層+FL3
FL3+PVB30+FL3の合わせガラスと3ミリ厚のフロートガラスを用いた複層ガラス
※財団法人全国防犯協会連合会ホームページ「防犯性能の高い建物部品目録」より抜粋

関連サイト

防犯性能の高い建物部品目録(財団法人全国防犯協会連合会)


住宅性能表示制度

住宅性能表示制度とは?

設計住宅性能評価用のマーク 建設住宅性能評価用のマーク住宅性能表示制度は法律に基づく制度です。
国土交通省により、平成12年4月に施工された住宅品確法の3本柱のひとつで、良質な住宅を安心して取得できる市場を形成するためにつくられた制度で、住宅性能を表示するための共通ルールを定めて相互比較しやすくするとともに、第三者によって、客観的に性能評価を行います。

性能の表示項目

  1. 地震などに対する強さ(構造の安定)
  2. 火災に対する安全性(火災時の安全)
  3. 柱や土台などの耐久性(劣化の軽減)
  4. 配管の清掃や補修のしやすさ(維持管理への配慮)
  5. 省エネルギー対策(温熱環境)
  6. シックハウス対策・換気(空気環境)
  7. 窓の面積(光・視環境)
  8. 遮音対策(音環境)
  9. 高齢者や障害者への配慮(高齢者等への配慮)
  10. 防犯対策

メリット

・万一のトラブルにも安心
専門家のチェックを受け、建設住宅性能評価書を交付された住宅(評価住宅)は、万一トラブルが 起きても「指定住宅紛争処理機関」が迅速・公正に対応してくれるので、安心!

・住宅ローンの優遇
建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅は、民間金融機関や公共団体の住宅ローンの優遇があります。

・地震保険の優遇
評価された耐震性能の等級に応じた地震保険料の割引などがあります。

耐震等級 割引率

  • 等級3=30%
  •  
  • 等級2=20%
  •  
  • 等級1=10%
  •  

関連サイト

「住まいの情報発信局」サイト (住宅性能表示制度)
国土交通省
住宅性能表示制度の公式情報
(財)建築環境・省エネルギー機構」サイト (次世代省エネルギー基準とは)


  

ガラスを用いた開口部安全指針

「ガラスを用いた開口部安全指針」とは

昭和61年に通達された、国土交通省監修による「ガラスを用いた開口部安全指針」では、多くの人々が利用する公共建築の出入口や一般住宅など、様々なガラスの開口部について人体衝突による重大な傷害事故を防止するための規定が分かり易く纏められています 。

建築主、施主の責任問題が問われるガラスの事故!

国土交通省では「ガラスを用いた開口部安全設計指針」の利用・普及を通達で求めています。
万一事故が発生した場合、この指針が示す安全設計への配慮の有無は、建築物の欠陥、事故を防止する注意義務のひとつと言えます。

安全設計が必要とされる建築物とその部位とは?

・出入り口のドアとその周辺
ガラスと気づかずに衝突する可能性が最も高いと考えられる、床近くまであるガラスを危険性が高いと判断しています。

・その他の開口部
特に浴室(裸である)、学校(子どもが遊ぶ)などのガラスは、危険性が高いと判断しています。

部位 居住専用の部分(住宅) その他の部分(非住宅)
出入り口
および
その隣接
出入り口の
ドア
床面から60cm未満の高さに下辺があるガラス
出入り口の
ドア周辺
ドアの端辺から水平方向に30cm未満の範囲に一部または全部が含まれ、かつ床面から60cm未満の高さに下辺があるガラス。 ドアの端辺から水平方向に120cm未満の範囲に一部または全部が含まれ、かつ床面から60cm未満の高さに下辺があるガラス。
※但し、そのガラスと出入り口との間が恒久的な間仕切り壁で仕切られている時などのように、出入り口との間に連続したガラス面を構成しない時は、そのガラスは対象となりません。
その他の
開口部
一般 床面から30cm未満の高さに下辺があるガラス。 床面から45cm未満の高さに下辺があるガラス。
一般浴室、
学校など
床面から60cm未満の高さに下辺があるガラス。

※板硝子協会 開口部の安全設計指針 ~安全設計の方法について~より抜粋

設計衝突力の設定

人がガラスに衝突したときの衝突力を、45kgのショットバッグと呼ばれる試験器具の落下高さに 置き換え、設計衝突力(単位=H)として表しています。

例)建築物の用途別の設計衝撃力

  出入り口及びその隣接部 その他の開口部
集会所のロビー等 120cm(H) 75cm(H)
事務所、店舗などの玄関周りなど 120cm(H) 75cm(H)
浴室など 75cm(H) 75cm(H)

上記他、詳細は板硝子協会 「開口部安全設計指針」へ
この 指針では、上記のような部位には、安全な構造を持つ合わせガラス、強化ガラスを使用するよう推奨しています。

関連サイト

国土交通省 「ガラスを用いた開口部安全設計指針」
板硝子協会 「開口部安全設計指針」


  

防火設備に関する制度

防火設備とガラスについて

防火設備とガラスについて建築基準法では、都市計画において防火地域・準防火地域が定められています。これらの地域に建設する建物の部位には、防火仕様のガラスを使用しなければなりません。

・「延焼のおそれがある部分」とは?
防火地域・準防火地域では、建物の外壁部分で、隣棟から延焼を受けたり及ぼしたりする恐れがある範囲が定められています。1階は3m以下、2階以上は5m以下の距離にある建物の部分です。

防火地域(法第61条)、準防火地域(法令62条)

ある建物で発生した火災が、他の建築物に延焼しないよう、地域による集団的な規則を目的に定められたものです。
防火地域、準防火地域内にある建築物は、外壁の開口部で延焼のおそれがある部分に、防火戸や、その他政令で定める防火設備を有する必要があるとされています。
(耐火建築物および準耐火建築物を除く)

地域 階数又は延べ面積 建築物
防火地域 階数3以上、又は100m2超え 耐火建築物
その他の建築物 耐火建築物又は準耐火建築物
準防火地域 階数4以上、又は1500m2超え 耐火建築物
500m2超え、1500m2以下 耐火建築物又は準耐火建築物
階数3以上 耐建築物又は準耐火建築物

※外壁の開口部の構造及び面積、主要構造部の防火の措置その他の事項について防火上必要な政令で定める技術的基準に適合する建築物。

防火設備や特定防火設備、屋根、間仕切壁などに使用するガラスの選択方法

防火設備や特定防火設備、屋根、間仕切壁などに使用するガラスの選択方法・耐火構造の屋根について
法令107条「耐火性に関する技術的基準」第3項より、屋根にあたっては、通常の火災を出す原因となる亀裂その他の損傷を生じないものであること。
平成12年建設省告示第1399号「耐火構造方法を定める件」法令107条に適合する屋根の構造として、鉄材で補強されたガラスブロックもしくは網入り板ガラスで造られたもの。

・耐火構造の間仕切壁について
法令107条「耐火性に関する技術的基準」第2項より、非耐力壁の間仕切壁にあっては通常の火災による火熱が1時間加えられた場合に、当該加熱面以外の面の温度が当該面に接する可燃物が燃焼する恐れのある温度(可燃物燃焼温度)以上に上昇しないこと。

関連サイト

国土交通省
社団法人カーテンウォール・防火開口部協会

 

ページトップに戻る